HOME>オススメ情報>安全かつ快適な暮らしのための管理などを知る
男女

共有と専有部分のルール

個人のマンションやアパートも建ち並ぶ城陽市、区分所有者が居住しています。一口に不動産といっても、エントランスや外廊下などの共用部分は共同で使うため、守るべきルールを予め定めておきます。賃貸兼用住宅(戸建て)も同様なのですが、バルコニーなどを誰がどのように管理するのかというよりも、共用部分であるものの、各住戸に専用使用権があるため、清掃など日常の管理は各居住者が行う必要があることを知っておきましょう。逆に、配管や配線は専有部分であっても共用部分と一体化しているため、管理組合(個人家主)が主体となって管理しなければならないことに気をつけましょう。また、ペット飼育や敷地内駐車場の利用、専有部分のリフォーム、共用施設の利用方法についての規定もあります。これらは内容も細かいものですが、最近の新築物件ではペット飼育を許可しています。その場合でも、種類、数など飼育を認められる動物が限られることにも気をつけましょう。

一括借り上げという特徴

城陽市の賃貸不動産には、マンションやアパート、一戸建て住宅があります。しかも個人が賃貸経営(運営)しています。マイホームとしてこれら不動産を購入した人は投資用として経営していますが、安心できる管理会社へ委託する方法が取られています。また、空き駐車場についても、築年数を経たこれらマンションなどでは居住者の高齢化、若い世代の車離れなど、ライフスタイルの変容によって様変わりしています。こうした解決策を提示するのがサブリースです。例えば、駐車場の収益は修繕積立金の重要な原資になります。賃貸経営、運営管理のプロなら、カーシェアリングの導入など、解決策を提示してくれるそうです。ビジネスモデルは、一括借り上げした同社が貸主になり、月極駐車場として運営管理するというものです。もちろん、募集業務から与信、契約業務、すべての業務を担ってくれるのが特徴、稼働状況だけを確認すればいいのです。賃料は毎月保証となるため、安定した収益がもたらされるのも特徴でしょう。

広告募集中