様々な物件があることが魅力的

部屋

横浜と言えば、神奈川県の中で1番規模の大きな都市になります。そんな横浜市の中には、たくさんの賃貸マンションがあるでしょう。賃貸マンションは、分譲マンション等と異なり気軽に借りることができるため多くの人に人気です。しかも、最近は昔のように紋切り型の形ではなく様々な種類のマンションが存在しているのが特徴です。一般的に賃貸マンションと言えば、2LDKや3LDKなどを思い浮かべるかもしれません。ですが、最近は1LDKなども人気です。これは、単に一人暮らしの人が住むと言う意味ではありません。1LDKでも家族で住むようなことも考えられるわけです。例えば、デザイナーズマンションなどがこれに該当します。面積はそれほど狭くは無いけども、リビングとキッチンの部分がやたらと広いような建物もあります。このような建物は、あえてリビングを広くすることでデザインを高めようとしています。リビングを広くすると、それだけ様々なデザインを作り込むことが可能になります。よくあるのは、部屋の真ん中にキッチンが置いてあるパターンです。一見キッチンが邪魔そうなイメージがありますが、キッチンを部屋の真ん中に置くことで料理を作っている人とリビングにいる人の一体感を得ることができます。このような考え方は、どちらかと言えば西洋的な考え方ですが、最近では日本でもそのような考え方が徐々に受け入れが出てきています。

選び方の基準を理解する

家の模型と電卓

横浜で賃貸マンションを選ぶ場合には、選び方をよく考えておきましょう。一般的には、駅から近い物件を選ぶ人が多いです。なぜなら、駅を利用して通勤や通学をすることを考えているからです。確かに、そのような物件は、非常に魅力的ですが金額が高い傾向にあります。一般的には、駅から1キロメートル離れることに家賃が10,000円ぐらいずつ高くなっていくのが相場です。駅から3キロメートルほど離れているようなところは駅前の物件よりも30,000円安いことになります。このように考えれば、必ずしも駅前にする必要は無いでしょう。実は駅前でなくても上手にバスを乗り継げば駅まで行くのにそれほど時間がかからない可能性もあります。後は、不動産会社の情報だけで見るのではなく、実際に 物件の周りに行ってみることが重要です。不動産会社の情報では、閑静な住宅街と書かれている割には、夜になるとバイクの音がうるさいようなところもあります。このように、実際に現地に行ってみないとわからないこともあります。

広告募集中